信頼が下がるデメリットがある

デメリットを考えよう

クレジットカードの現金化に違法性はないと聞くと、安心して使ってしまうかもしれません。
ですが、デメリットも少なからず存在しているので、把握してから本当に現金化するのか決めましょう。
社会的な信頼が下がると言うのが、大きなデメリットになります。
お金を借りる時は、信頼性を重要視されます。
きちんと返済できる人間でないと、どこの金融機関でもお金を貸してくれません。

クレジットカードの現金化をたくさんして社会的な信頼が下がっている状態だったら、お金を貸せないと言われることがあります。
お金がなくて困っている時に、全ての金融機関に断られるとどうすることもできません。
自分の信頼性が下がらないよう、意識して行動しましょう。

高い商品の購入ができなくなる

住宅や車は、かなり高い買い物になります。
それらを購入する時も、信頼性が大事です。
クレジットカードの現金化をして信頼性が下がっている時は、購入できなくなるかもしれません。
また、購入できると言われても現金で一括払いにすることを条件に言われることもあります。
ローンを組んで購入しようと思っても、信頼性が低いので審査を通過することができません。

これからいろんなものを購入しようと考えているでしょうが、一回でもクレジットカードの現金化をすると社会的な信頼が大きく下がります。
安易に考えて、何度も繰り返して利用しないでください。
低下した信頼を取り戻すのは、非常に困難です。
最初から下がらない努力をした方が良いでしょう。